Patriot's Room

元投資銀行マンの徒然絵日記。旅行 読書 映画鑑賞 #埼玉西武ライオンズ 自分の人生に関わることを徒然なるままに綴っていきます。

メインイベント_お盆休みDay3 ②

行田からの帰路、遅めのランチは、鴻巣のラーメン有名店、次念序へ。

以前来た時は営業時間外だったりして、今迄ご縁が無かった店。

f:id:Patriotorca617:20190815190359j:image

大通りに面した正面と思いきや、こちらは出口専用!
f:id:Patriotorca617:20190815190310j:image

脇のこちらが入口というトリッキーさ。

入るとすぐ右脇に食券機があるのですが、つけ麺750円購入の為、財布から千円札と50円投入すると投入金額2050円と表示。

おかしいなと思いながらと購入ボタンを押すと食券は出ず、1050円戻ってくる。

前の人も買ってもいない食券が出て来たようで、システムエラー⁇ 

結局、パート?のお姉さんが中のジャーナルを当たり、私の前後の購入歴を精査。

何か銀行の支店勤務を思い出しちゃいました。

大変だったなぁと。
f:id:Patriotorca617:20190815190257j:image

食券購入を巡るトラブルも解決して、何と中には待合室が。この程度の人数なら外に並ばなくてよくて嬉しい。

ここだけは冷たいお茶のサービスあり(店内は普通の冷水)


f:id:Patriotorca617:20190815190314j:image

六厘舎系列という事で、味は予想/想定の範囲内なのだろうなと思いつつ、やはりお初は、オーソドックスな路線で行きます。
f:id:Patriotorca617:20190815190339j:image

うーん、やっぱりこの味、六厘舎

でもこの程度の待ち時間でこの値段なら、たまにはいいですね。

麺は結構、中が粉っぽくて、何というか、すいとんを彷彿とさせる味わい。

嫌いじゃないです。

----------------------------

次念序

味            ★★★★☆

サービス  ★★★☆☆

コスパ      ★★★★☆

総合          3.7

----------------------------


f:id:Patriotorca617:20190815190327j:image

自宅に帰って今回のメインイベント、飲み会まで、ホッと一息。

東松山湧き水は汚染されてしまい、もう飲めないでしょ?と。

ただの浄水場の浄水パッケージ。

味は不味いし、これは正直いただけない…。

羊頭狗肉の様な事はせず、質を追い求めて貰いたいのですよね、我が郷土には。


f:id:Patriotorca617:20190815190247j:image

最近めっきり増えた中学クラス仲間との飲み会は、少年野球チーム時代からの幼馴染の大阪からの帰省に合わせて実現。

今回は自分が幹事なのだけど、すっかりインチキ東京者になってしまった自分に代わり、さっさと地元の女子クラスメイトが予約してくれました♪ 

ここ、食べログ等の★通りに中々、美味しくてちょっと驚き!

ただお盆シーズン中ということもあり人が足りておらず回ってない感満載…。

------------------------------

虎太郎

味             ★★★★☆

サービス  ★☆☆☆☆

コスパ      ★★★★☆

総合          3.0

------------------------------

f:id:Patriotorca617:20190816001758j:image

毎度、女性陣のパワーに圧倒されます…(笑)


f:id:Patriotorca617:20190815190406j:image

そしてお決まりの二次会カラオケ🎤に突入。

明日は朝から盆棚作りの仕事が待ち受けてるのでシンデレラタイムを設定!

 

f:id:Patriotorca617:20190816001806j:image

実家からママチャリで駆けつける同級生(笑)

飛び入りサプライズ参加の別クラスの子(同じ小学出身)を後ろに乗せてますが、その前には私が漕いでたのはご愛嬌。

シンガポール以来だから6年ぶりの自転車?


f:id:Patriotorca617:20190815190321j:image

一名遅れて二次会から合流。

f:id:Patriotorca617:20190816004807j:image

いつもの事ながら、結局、シンデレラタイム(笑)は忘れ去られて、午前様もいいとこ。

ビル内で誤報の火災サイレンと避難アナウンスが鳴り響いたのをキッカケにお開き〜♪

まーた、休みなのに楽しく「放電」してしまいましたとさ。