Patriot's Room

元投資銀行マンの徒然絵日記。旅行 読書 映画鑑賞 #埼玉西武ライオンズ 自分の人生に関わることを徒然なるままに綴っていきます。

プチ夏休み_Day2(後篇)_青森郷土料理で一献

ホテル(駐車場が有料になっており結局、カーシェアの駐車場に駐車)にチェックイン。

八甲田〜奥入瀬ドライブで疲れた身体を癒す間も無く、郷土料理と地酒を愉しむべく、青森市内に繰り出す。

f:id:Patriotorca617:20190623170928j:image

青森なのに何故かアラスカ(笑)。

ビジネスホテルの命名も東京では思いもよらない風情。


f:id:Patriotorca617:20190623170817j:image

結構、歩きました。

お目当てのお店、

津軽じょっぱり漁屋酒場

ここ一軒で青森県!!津軽じょっぱり漁屋酒場 新鮮な魚介類と青森郷土料理・地酒の居酒屋

津軽三味線の生演奏あり、青森の郷土料理を1店舗で味わえるというキャッチフレーズについ、つられて…。


f:id:Patriotorca617:20190623170829j:image

神田?にあった青森居酒屋も、鴨居の低い、潜る様に入っていかないも行けない独特の造り。

じょっぱり とは、津軽弁で、頑固者とか意地っ張りという意味で、青森県人気質を表しているのだとか。


f:id:Patriotorca617:20190623171003j:image

ねぷたがお出迎え。

このワクワク感(笑)。何が出てくるかと期待は膨らみますね。


f:id:Patriotorca617:20190623170801j:image

威勢のいい、おばちゃん店員さんに奥のカウンター(と言っても炉端を囲む様なイメージの席)に通されます。

これがお通しというから驚き。

f:id:Patriotorca617:20190623230444j:image

中身はすき焼きですね。スターターから中々のお味です。

 

f:id:Patriotorca617:20190623170741j:image

海鮮づくしのつもりでしたが、のっけからすき焼きでフェイントを食らいましたので、津軽ワイン🍷で攻めてみました。

 

f:id:Patriotorca617:20190623170810j:image

本日のおススメ。

中でも超おススメだそうで、もずくの酢の物を注文。

確かに過去食べたどのもずくより美味しい気がする^_^

f:id:Patriotorca617:20190623170851j:image

続いてこちらもおススメ、海峡サーモン

を試す。

海峡サーモン|北彩屋

どこかのテレビでも取り上げられてて知ってはいました、青森自慢の養殖サーモン。抗生物質とか、使っておらず、チリやらノルウェー産の脂ベトベト感もなく適度に脂が乗った赤味の増した

「天然物の刺身って食べられたら(寄生虫がいるので無理)こんな感じだろうなぁ」と思える一品。

おススメです。給食でコレが出るという青森の子供達は幸せですね。

f:id:Patriotorca617:20190623170922j:image

日本酒🍶に移ろうにも、チョイスがありすぎて迷いまくる。
f:id:Patriotorca617:20190623170746j:image

日本酒好きの弟にSNSで確認するも、全部知らないとか。


f:id:Patriotorca617:20190623170846j:image

結局、ご当地っぽい八甲田おろし に。

蔵元は鳩正宗酒造さん

鳩正宗(株)|蔵元一覧|青森県酒造組合 あおいもりの地酒


f:id:Patriotorca617:20190623170943j:image

特徴のある酒枡にキッチリ一合、注いでもらいました。

日本酒と言えば舌触りのよい甘口のフルーティーなモノばかり飲んでましたが、コレはとても辛口!

f:id:Patriotorca617:20190625190319g:image

酒のお供、岩塩?を擦ってくれます。

f:id:Patriotorca617:20190623170937j:image
f:id:Patriotorca617:20190623170914j:image

名物・青森生姜みそおでんも酒の肴には外せません。

あまり甘くない味噌ダレでいただく、こんにゃくと竹の子。チシマザサの筍、お菓子のトッポの様な風態で、堅くなく適度な歯ごたえ。味わいもあって生姜味噌によくマッチします。

 

f:id:Patriotorca617:20190623170857j:image

じゃっぱ汁と迷って、せんべい汁鍋。

一人前から頼めて990円。おばちゃんから「量多いよ〜」「大丈夫?」と念押しされるも、「No Problem」

私は、大食漢の偉丈夫な弟達から呆れられる程の鍋奉行ならぬ、鍋スイーパー

家でも食材ある限り鍋をつついているのでこれくらいは、へっちゃら。心配無用。

しかし、無料でご飯と卵が付いて雑炊が楽しめるというサービスは、流石に不健康でもあり、パスしました。

地鶏の出汁が効いた、汁が本当に円やかな旨味溢れ、日本酒が超辛口だったせいもあって、

そもそも殆ど雑炊は出来ないくらい飲み干してしまってましたが😎


f:id:Patriotorca617:20190623170904j:image

土地柄、土偶が道しるべ?のオブジェに。

何となくホッコリします。


f:id:Patriotorca617:20190623170957j:image
f:id:Patriotorca617:20190623170755j:image

帰りにコンビニに立ち寄る。金太郎飴の様なコンビニのイメージも、関東の中では分からない様なローカル色が楽しめて本当に面白い。

東京のセブンイレブンでは、2Lで100円で手に入るサントリー南アルプス天然水が、青森では1Lで160円(税別)となると、ここは東京じゃない、と思いながらも、購入意欲はダダ下がりして他の銘柄に目移り…。

こんな事が一々気になるのは職業病なんですねー。